ピッキング作業

暑い倉庫内でのピッキング作業を快適にする暑さ対策4選

※当サイトでは、アフィリエイト広告を使用しています。

ピッキング作業
この記事は約17分で読めます。

倉庫内が暑すぎてピッキング作業がはかどらない。。

何かいい暑さ対策はないの~?

こんな悩みに答えます!

倉庫作業は、とにかく暑くて汗が止まらないですよね。

暑いと集中力も落ちますし、なんとかならないものかと悩まされます。

そこでこの記事では、暑い倉庫内でも、ピッキング作業を快適にする暑さ対策をご紹介します!

この記事を書いた人

  • 現役の倉庫作業員
  • 自動車部品の製造会社勤務6年目
  • 40℃近い気温の倉庫内で、ピッキング作業をしている

 倉庫内って、なんであんなに暑いの? 

そもそも倉庫内ってなんであんなに暑いんよ。。

いやほんと暑すぎて笑えないですよね。

一般的に倉庫内が暑くなる原因は2つあると言われています。

倉庫内が暑くなる原因は2つ

  • 倉庫の構造上の問題
  • 空調設備の老朽化(または故障)

解説しますね。

倉庫の構造上の問題

倉庫は、壁や屋根の面積が広いため、直射日光を受けやすくなります。そのため、常に熱を帯びている状態になり太陽の熱が屋根や壁、室内全体にこもっていまうことが原因にあるんです。

じゃあ屋根や壁の面積を狭くすれば解決するんじゃないの?

いやいや、そしたら、ろくにモノが入らない、ちっさい倉庫ができあがるだけやないか。

空調設備の老朽化(または故障)

古~い倉庫なんかにある空調は、風は吹いてるけど、おやおやちっとも冷たくないぞ、と、感じる場合があります。原因は、老朽化によるもので、空調の機能が弱まってしまった状態です。会社が設備投資をすれば解決できるはずですが、儲かってない会社には、難しい問題でもあります。

いや、これうちの会社じゃん。

暑いの我慢できそうにないなら、いっそのこと、空調設備の整った大手の倉庫に転職するのも道ですよ。

倉庫内が暑いと様々な問題が起きる

倉庫内が暑いと、こんな問題が起きるんです。

倉庫内が暑いことで、起きる問題

  • ピッキング作業に支障がでる
  • 熱中症になる可能性が高い

解説しますね。

ピッキング作業に支障がでる

倉庫内が暑いと作業効率が落ちます。めちゃくちゃ暑い環境でパフォーマンスを維持し続けるなんて、まぁ無理です。汗で服はびちゃびちゃ、集中力が落ちて、ピッキングのミスをする。

さらには、注意力が低下して、ケガをする可能性もあります。

しっかりと暑さ対策して、パフォーマンスを維持しましょう!

熱中症になる可能性が高い

冷房設備がない倉庫では、真夏になると40℃以上まで温度が上がります。業務用の大型扇風機などを設置して風を送っても、まぁ無いよりはマシと思える程度なんですよね。

結局、ピッキング作業は倉庫内を動き回る仕事なので、風に当たれる時間は、ほんの数秒のみ。

Amazonなどの大手企業ともなれば、冷房完備で快適にピッキング作業できるかもしれないですが、中小企業なんかでは、コストの問題で導入するのは、なかなか厳しいでしょう。

扇風機の前で、ぼっ立っていられたらどんだけ天国か。。

いや、働け。

 

くれぐれも熱中症にならないよう、個人でもしっかり対策することが必要です。

ピッキング作業を快適にする暑さ対策4選 

そろそろ暑さ対策とやらを教えておくれ。

がってんしょうちのすけ!!

では、最後にピッキング作業を快適にする暑さ対策を紹介しますね。心してかかれ!

水分と塩分を補給する

水分補給だけでなく塩分も補給することが大切です。汗をたくさんかくと、体の水分だけでなく、ナトリウムやカリウムといった体のエネルギーが不足してしまい、熱中症になりやすくなります。

ちなみに、水分補給には、スポーツドリンクが良いです。水を飲むよりも、体の不足したエネルギーを効率よく補給することができるのでオススメですよ。

空調服を着る

空調服とは、近年、倉庫作業や工場、建築現場などで、人気のある暑さ対策グッズです。作業服の中にファンが付いていて、扇風機のように風を出す機能があります。そのため、汗をかいても、風の力ですぐに乾かすことができ、作業中でも常に涼しいと好評です。

 

冷感タオル

冷感タオル(クールタオル)とは、保冷剤を使わなくても、ヒンヤリ冷たくなっているタオルのことです。水に濡らしてから使うタイプと、水に濡らさなくても使えるタイプの2種類からなります。水に濡らさないタイプは、カバンにそのまましまっておけるメリットがあります。

冷感インナー

触ると冷たく感じる素材でできたインナーで、通気性がよく汗を素早く吸い取り、素早く蒸発させる特徴があります。夏場は、汗の臭いが気になりますが、この冷感インナーは、消臭機能が付いたタイプもあるので、汗の臭いも解消したい人は、消臭機能付きがオススメですよ。

まとめ

とりあえず、今日教えてもらった暑さ対策をやってみるよ。ありがとう。

とんでもないですyo!

じゃ最後に、記事をまとめますね。

倉庫内が暑い原因はなに?

  • 倉庫の構造上の問題が原因
  • 空調設備が老朽化している(または故障)

倉庫内が暑いとどんな問題がある?

  • ピッキング作業に支障がでる
  • 熱中症になる可能性が高い

ピッキング作業を快適にする暑さ対策4選

  1. 水分と塩分を補給する
  2. 空調服を着る
  3. 冷感タオルを巻く
  4. 冷感インナーを着る

記事を参考にしてもらえると幸いです。

それではまた!

コメント

タイトルとURLをコピーしました