【新卒入社5カ月】会社辞めたいは甘えなのか?※そんなことないです!

仕事

新卒で入社してかれこれ5カ月がたった。

毎日朝早くから夜遅くまで仕事して、土日も出勤してもう疲れた。。。会社は年上ばかりで話が合わないし辛い。

世間では三年は働いたほうがいいって言うけど、この先の将来が見えない。どうすればいいのだろうか。。?

 

こんな悩みを持ったあなたの手助けをさせてください。

 

休日も出勤しなければならない会社はブラック企業

そもそも土日休みと労働条件に記載があったにもかかわらず、休みの日にも出勤しなければならない会社が今時あることに驚きます。

完全に法律違反です。そんな会社で頑張る必要は無いので、心も体も病んでしまう前に逃げましょう。

年上の人と上手に付き合うには?

会社は幅広い年代の方が働いています。これはどの会社に就職しても同じなので、会社員として働いていく以上避けられません。

その環境の中で上手くやっていくしかないです。コツとしては、明るく元気に挨拶することや、仕事のことでわからないことを聞いたりするといいです。

新卒なら仕事のこと社会のことがわからないのは当たり前のことですから、どんどん質問したり相談に乗ってもらえばいいんです。

年上はあなたよりも社会人経験が豊富で、いろいろな経験をしてきた過去がありますから、若者から相談されたら喜んで相談に乗ってくれると思いますよ!

「石の上にも三年」って本当に正しいのか?

40代~50代の人の中でこの考えを持つ人が多いです。彼らは一つの会社に勤めあげることが美学と考えているため、三年以内で転職=根性が無いやつと考える人もいるでしょう。

「まだ何もわかってないのにもう辞めるのか?」と言われることもあります。

なぜこのような考えを持っているのかというと、高度成長期を経験した人にとって一つの会社に勤められれば転職する必要が無かったからです。

さらに失われた20年を生きてきた人は長く耐えればその先は明るい未来が待っているはずと考えていました。

ですが現代は違います。インターネットやテクノロジーの発展によって、ついこの前までの常識が常識では無くなるという変化の早い時代になりました。

ですからその変化に対応できない会社は時代に置いて行かれ倒産もありえるのです。年功序列は終わりこれからは実力のある人材が生き残る社会へと変わっていきます。

現在勤めている会社で三年、五年後の自分はこうなりたいという目標が持てないのであれば、それは無駄な三年間になるのですぐに行動しましょう。

今の会社に将来性が見い出せないなら、仕事を変えてみる決断を!

勤めている会社でこの先働き続けてもキャリアアップができない、そもそも会社が倒産してしまうかもしれない、そんな不安を感じるのであれば早期に転職することをおすすめします。

ですが仕事をしながら転職先を探すのは時間がかかる上に履歴書の作成や面接までのやり取りまでを行うのが大変に感じると思います。

それなら転職エージェントを活用することをおすすめします。

20代・第二新卒・既卒向け転職エージェントのマイナビジョブ20’s なら、20代の転職に特化した転職エージェントがあなたに合った求人をマンツーマンでカウンセリングしてくれます。

さらに、履歴書・職務経歴書の添削や面接対策など転職活動の最初から最後までサポートします。

エージェント利用から内定・入社までたったの3ステップでできるので、自分ひとりで転職活動をするよりも時間短縮になりますしなにより簡単です。

最後に

転職活動に早いも遅いもありません。今の会社に未練が無いのであれば即行動に移すべきです。

上司に退職の旨を伝えれば、きっと引き止めてくることでしょう。上司の言葉に揺らいでしまったらいつまでたっても転職することができず、だらだらと時間だけが過ぎてしまいます。

気持ちに変わりがないのであれば、勇気を出して毅然とした態度で退職する旨を伝えましょう。

それでも上司に退職を言えないのであれば退職代行サービスを利用することを検討しましょう。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました