「飛び込み営業が怖い」そんな時は5つの感情を持つと効果的です!

仕事

なぜ、飛び込み営業が怖いと感じるのか?

断られたらどうしよう。。

いざ飛び込んでみたけど、門前払いだった。話をまったく聞いてくれない。

必要ないと言われる。

飛び込み営業ではよくあることです。

ですが、こういった体験を積み重ねていくと、どこかのタイミングで、

「ここも、どーせ断られるんだろうな。。もうやっても意味ないんじゃないか?」

という感情になり、飛び込み営業ができなくなっていきます。

怒られるんじゃないか?

営業先のお客さんは、営業マンを嫌う人がほとんどで、特に新規の営業マンは、お客さんに壁を作られやすいです。

お客さんの中には、荒っぽい性格の人もいて、怒鳴られることもあるので、そういった体験が、恐怖心を植え付けることにもなります。

そもそも人見知り

営業マンの中には、人見知りの人もいるでしょう。

※実際に僕もそうでした。

お客さんと話すことが苦手で、飛び込んでみたわいいけど、「何を話せばいいのか?」

「会話が続かない」などの体験で、飛び込み営業が怖いと感じてしまうこともあります。

飛び込み営業が怖いなら5つの感情を持とう

ではどうしたら、飛び込む営業が怖いと感じなくなるのか?

実際に、僕がリクルートの代理店で営業をしていた頃に、5つの感情を持ったことで、飛び込み営業が怖くなくなりました。

その、5つをご紹介します。

①怒られたって、死にはしない

怒られるのは、誰だって嫌なことだし、ストレスに感じます。

でも、怒られても「死ぬことはないから、いいや別に」と、気楽に考えることで、怒られても動じなくなれます。

②簡単に契約なんて取れない

もしも、飛び込み営業をかけた件数だけ契約が取れたら、優秀な営業マンですが、きっとそんな営業マンはごくわずかでしょう。

ほとんどの営業マンは、一日30件飛び込んだとしても、1件契約が取れればラッキーくらいです。

※僕がそうでしたから。

なので、そう簡単には契約は取れるものではないというように、考えれば気が楽です。

③商品を売ろうとしない

売れない営業マンは、商品を売ろう売ろうと営業をします。

これだと相手に、「押し売りされている」という印象を与えてしまい、せっかく良い商品でも、売れなくなってしまいます。

まずは、無理に商品を売ろうとせずに、相手のことを知ろうという気持ちで接して、距離を縮めていきましょう。

④断られても、今は必要ないんだなと思う

断られたとしても、「今はこの商品を必要としてないだけだな」というように、思うことです。

今は必要ではなかったとしても、後に必要になるときが来るから、その時は、全力でサポートしようと思うことです。

※実際に、僕はニーズが無かったお客さんが、後に電話をかけてきてくれて、契約に至りました。

⑤おバカキャラを作る

この、おバカキャラというのは、話ができないくらいのおバカ、というわけではなくて、あえて、お客さんを立てるために、おバカキャラを演じるということです。

よく、営業マンがお客さんに対して、上からものを言うことがあります。

それは、お客さんが、自分よりもその商品に対して、リテラシーが低いがために起こることです。

ついリテラシーの低いお客さんに対して、専門的な言葉を並べて話したり、「そんなことも知らないんですか?」的な感情で、セールスしてしまいがちです。

これは、とてももったいないことで、どれだけ良い商品だったとしても、営業マンの品格によって、その会社と商品に、悪評がついてしまいます。

これでは、本末転倒なので、お客さんに対して、誰にでもわかりやすい言葉で説明してあげましょう。

飛び込み営業が怖いを解決する具体的な方法

①ロープレをする

これは、会社の上司や同僚を捕まえて、飛び込み営業のロールプレイングをすることです。

もし、会社で頼める人がいないのであれば、家族や身内にお願いしてもいいです。

※実際に僕は、自宅で毎日ロープレしていました。

ロープレをすることで、飛び込み営業の型を頭と体に叩き込めて、本番に強くなります。

さらに、ロープレで「何を話すのか?」「こう言われたらどう返すか?」など、引き出しをいくつか持っておくことで、イレギュラーなことが起きたときに、対応しやすくなります。

このように準備に力を入れれば、それが自信に繋がり、本番にも強くなれますので、しっかりとロープレをしましょう。

②絶対に契約を取らないと!!と考えない

「絶対に契約取らないと」と思うことは、自分の身を苦しめることに繋がります。

こう思うことで、「契約が取れなかったらどうしよう」という感情になるので、本来持っている自分の力を発揮できなくなります。

「ここで契約が取れなかったとしても、次がある」くらいに考えましょう!

③お客さんの目線にたって接する

お客さんの中には、忙しい時間があります。

これは、法人でも個人でも同じです。

「こんな忙しいときに、なんのようだ!」と思うお客さんもいますので、訪問する時間には注意しましょう。

自分の考えや、気分で行動せず、相手の立場にたって接しましょう。

④お客さんのことを好きになろう

営業マンは、自社の商品やサービスの価値をお客さんに理解してもらった上で、お客さんに満足してもらうためにセールスします。

ですが、自分の数字のため、上司に怒られないためにと、自己都合でお客さんに商品を無理にセールスしてしまうのは、ほんとの意味でお客さんのためになっていません。

そのような営業は、お客さんにも伝わります。

※当時の僕は、このような営業マンでした。無論、契約などいっこうに取れませんでした。。

頭ごなしに、商品をすすめるのではなく、お客さんとの距離を縮めていくところから始めましょう。

具体的に、世間話から入るのもありですし、オフィスや玄関に飾られている物を褒めるなど、お客さんの趣味、思考から話題を振って、徐々にお客さんと距離を縮めていくのがおすすめです。

⑤とにかくお客さんとの接触回数を増やす

一度飛び込み営業をして、見込みがありそうだった企業や個人宅は、何度もお客さんと接触しましょう。

何度も会っていると、お客さんも営業マンを認知して、記憶に残るので、その時はニーズが無かったとしても、後にニーズが生まれることもあります。

⑥自分が悪いのではなく、たまたまニーズが無かっただけ

「契約できないのは、自分の提案力が足りなかったからじゃないかな。。」

100%このように思う必要はないです。

契約が取れないのには、何か原因があるはず。

自分の営業力や、提案力の問題もあるかもしれませんが、そもそも、ニーズが無かっただけかもしれないからです。

しばらく、様子を見て待ちましょう。

後にニーズが生まれる可能性は十分にあります。

極論を言うと慣れるしかない

これは、とにかく行動するしかないということです。

「なんだ、やっぱり、飛び込み営業の場数を踏めってことか。。」

って、思うかもしれないですが、飛び込み営業が怖いという感情を克服する最短の方法は、ズバリこれに尽きるかと。

「習うより慣れよ」という言葉があるように、とにかく早いうちに慣れることです。

場数を踏んでしまえば、あなたの飛び込み営業の型ができてきます。

そうなれば、自然な流れで、どんどん飛び込み営業ができるはずです。

当時の僕は、営業未経験で、いきなり一人で飛び込み営業をさせられました。

始めこそ、怖くてなかなか飛び込めなかったですが、一日30件以上、飛び込み営業を毎日続けた結果、コツも掴めてきましたし、ほんとに飛び込み営業が怖くならなくなりました。

とにかく、行動することです。

勇気が出る名言集

参考までに、勇気が出る偉人達の名言をご紹介します。

イチロー

壁というのは、できる人にしかやってこない。

超えられる可能性がある人にしかやってこない。

だから、壁がある時は、チャンスだと思っている。

マザー・テレサ

神様は私たちに、成功してほしいなんて思ってません。

ただ、挑戦することを望んでいるだけよ。

岡本太郎

いいかい、怖かったら怖いほど、逆にそこに飛び込むんだ。

坂本龍馬

何でも思い切ってやってみることですよ。

どっちに転んだって人間、野辺の石ころ同様、

骨となって一生を終えるのだから。

恐怖心を克服する書籍

こちらは参考までに。

営業マンにおすすめの書籍

コメント

  1. […] […]

タイトルとURLをコピーしました