苦手な上司や同僚がいる職場でストレスを溜めない考え方

考えていること

苦手な上司や同僚ってどの職場にもいますよね。

集団の中で働いている以上、その悩みはつきものです。

僕が当時勤めていた会社でもいましたし、現在勤めている会社にも残念なことにいます。

強いストレスを感じますし、朝起きて仕事に行くのが嫌になることもありました。

なんとかストレスを溜めない方法はないだろうか?

極論を言うと、この状況から抜け出すには転職することだと思います。

仕事を変えて、新しい環境に身を置いてしまえば、苦手な人と関わることが無くなるので、手っ取り早く解決します。

ですが、すぐに転職に踏み込める人もいれば、そう簡単にできない人もいますよね。

独身ならそれでも自由がききますが、すでに家庭があり、収入源が夫や妻のどちらかからしかない状況だと、簡単には転職に踏み込めにくいかもしれません。

ですので、転職はせずに、どうにか今の仕事をやって行くにはどうすればいいのでしょうか?

苦手な上司や同僚がいて仕事が辛い時の考え方

それは、なるべくストレスを溜めないことです。ストレスを溜めないための、僕が考えていることを紹介します。

1つでも共感して頂ければ嬉しいです。

①価値観が合わない人とは距離を置く

そもそも苦手だなと思うことは、自分との価値観の違いから生まれてくるものだと思います。

根本的に考え方が違うので、この人とは合うけど、この人とは合わないなんてことはよくあります。

人間は一人一人顔や声が違うのと同じで、性格も人それぞれ違います。

また、育った環境も違えば、価値観が違うのも当たり前のことです。

どんなに相手を理解しようとしても、価値観の違いがある以上、お互い分かり合える関係を築くのは相当大変です。

はっきり言ってそこに労力を使くのは非常にもったいないと思うんです。

とても疲れますし、時間がかかるので、早いうちに距離を置くこともいいんじゃないでしょうか。

②無理に話をしたり仲良くなろうとしない

苦手意識を克服する為に、無理にその人と仲良くなろうとする人がいますが、それはあまりお勧めしないかなと。。

話す事なんて業務上のことだけでいいと思います。

①でも話しましたが、そこに労力を使っても疲れますし、無理すると負荷がかかってストレスになります。

そのストレスが原因で体調を崩したり、病気にかかったりしたら損しますよ。

そこに労力をかけるくらいなら、仕事終わりや休日に友達と遊んだり、資格の勉強や副業をするなど、自己投資に時間と手間をかけるべきです。

そうしたほうがより豊かな人生を歩めると思います。

③苦手な上司や同僚を人ではない他の何かに例える

これはなかなか効果的な考え方なんですが、相手を人だと思わず接することです。

なんでもいいんですが、僕が例えているのは宇宙人です。

苦手な上司や同僚と接しなければならないとき、相手を宇宙人だと思えば、「宇宙人だから話をしたところで理解できないだろう」と思えたり、

何か理不尽なことを言われた時でも、真に受けず「宇宙語ですか?それ?」みたいな考えでいれば、すごく気が楽でいられます。

とはいえ仕事ですから、自分の仕事には責任は持って取り組む姿勢は忘れてはならないと思いますので、そこはお気を付けを。

④仕事以外の時間は有意義に過ごす

世の中の大半の人は、何かしらの仕事をして、どこかの会社に勤めていると思います。

人生の大半の時間は仕事でしめられているのが現状です。

好きで仕事ができたら幸せですが、そう思うのはなかなか難しいですよね。

僕は、「仕事が1番!!」みたいな人間にはなりたくないので、あくまでも仕事はお金を稼ぐ為だけのことだと、割り切って働いています。

人生を豊かにするのはお金であり、そのお金があれば自分の好きなことに投資できます。

職場の人間関係で悩むのは誰もがかえる悩みです。

ですが、人生をより豊かにしていくには、悩むことに労力を使わない生き方を考えていくのもいいんじゃないでしょうか。

コメント

  1. […] よっしーのブログ2019.09.22嫌いな上司や同僚がいて、仕事が辛い人へhttps://y… […]

  2. […] […]

タイトルとURLをコピーしました