告白がなかなかできない男は何を考えているのか?

恋愛・結婚

よっしーです。

 

今回は、告白がなかなかできない男は、いったいどうして告白できないのか?

男は何を考えているのか?

 

女ごごろのわかる僕が、男の目線から解説していきます。

【告白がなかなかできない男は何を考えているのか?】

1、自分に自信がない

 

「告白しても、きっと振られるんだろうな」と、告白する前からあきらめてしまっているパターンです。

これは、自分に自信がないため、告白するという一歩をなかなか踏み出すことができません。

 

2、傷つきたくない

 

「勇気を出して告白した。けど、振られたらきっとショックが大きくて、立ち直れなさそうだからできない」

好きな人に振られてしまうのは、悲しいことです。

ですから、ものすごく傷ついてしまうと思ってしまうので、なかなか告白することを躊躇してしまうのです。

 

3、振られた後の関係が気まずい

 

もし告白して振られたら、これまで築いてきた関係性が崩れてしまわないかと、不安になり、結果的に、

告白することができなくなってしまいます。

 

4、友達と好きな相手が被ってしまっている

 

仲の良い友達と、好きな相手が被ってしまっていて、友達に悪いから告白できないという状況です。

もし、自分がその子に告白してしまったら、友達はどう思うだろうか?

自分の気持ちよりも、友達の気持ちを考えてしまい、最悪は告白することを、

諦めてしまうかもしれません。

【最後に】

 

いかがでしたか?

 

告白がなかなかできない男には、男なりの考えと、さまざまな気持ちがあるということです。

 

今回は以上です。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました