ポジティブ思考で、人生を変える

考えていること

こんにちは、よっしーです。

今回は、

ネガティブな感情になるのをなんとかしたい

こんな人へ向けた記事になります。

この記事を読んでわかることは以下です。

ネガティブの概念が変わる
何事にもポジティブに捉えられるようになる

 

早速ですが結論を言うと、

ネガティブな思考は必ずしも悪いことではない

けれども、何事もポジティブに捉えたほうが人生は豊かになる

どういうことなのか解説していきます。

ネガティブな思考は悪いことではない

ネガティブとは、否定的・消極的という意味です。

文字で見ると、あまりよくない印象を受けますが、

ネガティブにもメリットはあります。

①ネガティブな人は不安や悩みを対処しようと対策を練ります。   

②何事にも慎重で控えめな人が多く、会社などではブレーキの役割を果たすので、大切な人材になる。

よって

≪危機管理能力やリスク回避能力に優れている≫

ネガティブな思考は、時に会社や誰かの助けにもなりえるので、あまり悲観的にとらえないでいいです。

ネガティブにもメリットはあるし、決して悪いことではないです。

こちらの本では、 著者のロバート・ビスワス=ディーナー博士 による、「20%のネガティブな時間を有益に使える人は、仕事でも成功できる」という、ネガティブ思考の活用術や、ありのままの自分と付き合うことの大切さを説いている作品です。

ネガティブに対する考え方が変わるおススメの本ですので、是非読んでみてください。

ネガティブな感情が成功を呼ぶ [ ロバート・ビスワス=ディーナー ]

 

 何事もポジティブに捉えたほうが人生は豊かになります

ネガティブな思考であっても、悲観的にならなくていいとは言いましたが、

そうは言っても、やはりポジティブ思考のほうが幸福度は高いです。

メリットとしては、

①何事にも積極的に行動できる⇒様々なチャンスを掴める
②挑戦する気持ちが強い⇒スキルアップする
③自信に満ち溢れている⇒尊敬される・モテる
④未来に希望がある⇒実現したい目標や夢を達成する可能性が高い

ポジティブ思考を持つ方法

私が実際にポジティブな思考を持ち続ける為に行っている事や、考え方を例にご紹介します。

 

①気にしないようにする

例えば、仕事でミスをしたとします。

ここで、ネガティブ思考な人は、

「またミスしちゃった。。上司に怒られるのが怖い。。」

「私はどうしてこんなにミスしちゃうんだろう。。 私はダメ人間だなぁ。。 」

と思うでしょう。

そんなことをずるずる引きずっていても前には進めません。

完璧な人間はいないので、ミスは誰でもするんだと思うとよいです。

ただ、開き直ったままで終わるのは成長しないので、ミスした原因を必ず分析していきましょう。

また、職場などで嫌いな上司や同僚がいて、仕事でもネガティブになってしまう人には、こちらの記事もおススメです。

 

②人生をRPGゲームとして考える

人は生きていれば、様々な困難に立ちはだかります。

なかなか解決できない問題に直面することもありますし、

挫折を味わうこともあります。

「なんで、私だけがこんな人生を歩まなければならないのか。。」

そう思うこともあるでしょう。

ですが、そんな状況の時こそ「私はレベルアップの手前なんだ」と思うとよいです。

ドラゴンクエストやファイナルファンタジーなどの主人公は、レベル1から 始まり、モンスターを倒してはレベルアップを繰り返し、困難を乗り越えて強くなっていきます。

自分を勇者やクラウドのように置き換えれば、困難に直面した時、レベル上げ(自身の成長)が楽しく思えますよ。

 

ただどうしても、マイナス思考から抜け出せない人には、

こちらの本が参考になります。

図解マイナス思考からすぐに抜け出す9つの習慣/古川武士【合計3000円以上で送料無料】

 

まとめ

まとめます。

ネガティブな思考は必ずしも悪いことではない
何事もポジティブに捉えたほうが人生は豊かになる
ポジティブ思考を持つには、物事を気にしないことと、人生をRPGゲームとして捉え、勇者になること

いかがだったでしょうか?

以前の私は、物事をネガティブに捉えることが多く、事あるごとに自己嫌悪になっていました。

ですが今ではポジティブ思考を持ち、人生を変えようとしています。

ブログを始めたのもその1つで、将来的には脱サラしてブログで生活できたらなと思っています。

今後も記事を執筆して、僕のブログを観てくれた皆さんに、為になる情報を発信できるよう頑張っていきます!

それではまた~

コメント

タイトルとURLをコピーしました