【2020年これからが熱い】フリーランスの稼ぎ方とは?おすすめの仕事8選

仕事

フリーランスで働く人は年々増えています。

その背景には、終身雇用の崩壊、老後資金問題、45歳以上の早期リストラなど、会社員で働くことのメリットが減っていることもあると思います。

これからフリーランスとして働きたいという人に、どんな仕事があるのか?

2020年はどんな業種が稼げるのか、そして、稼ぎ方についてご紹介していきます。

【フリーランスの稼ぎ方】おすすめの仕事8選

webエンジニア

webサイトやECサイトなどの、システムの設計や開発、運用などをする仕事です。

※ECサイトとは、Amazonや、ヤフーショッピング、楽天市場などのことです。

主な仕事は、例えば、通販サイトで表示される「おすすめ商品」などを見たことがあるかとおもいますが、それは、webエンジニアが作ったプログラムで表示されています。

また、ブログサイトの記事投稿ページや、動画サイトの再生ページなどもあります。

ですので、webエンジニアという仕事は、サイトのさまざまな分野に使われているんです。

webデザイナー

webデザイナーは、依頼主の要望に合わせてサイトのデザインと機能性に優れたwebサイトを作っていく仕事です。

phtoshopなどのグラフィックソフトを使って、デザインし、そのデザインから、HTMLやCSSなどの、プログラミング言語を使って、webサイトを作っていきます。

※プログラミング言語とは、コンピューターの言語であり、人間がコンピューターに指示を出すときに使う言葉や文字です。

人でいう、日本人は日本語で話すのと同じように、コンピューターにも言語があるのです。

プログラミング言語には、HTMLやCSSなどの言語があります。

webライター

webライターとは、主に、パソコンで文章を書く仕事です。

依頼主から指示されたテーマや、文字数などを守って記事を書いていきます。

クラウドワークスやランサーズ、ココナラなどから仕事をもらうことが多いです。

ブロガー・アフィリエイター

ブロガーとは、サイトを立ち上げ、自分の書きたいことを自由に書いて、読者を増やしていきます。

読者が増えることで、PV数(ページビュー数)が増えます。

こうなることで、広告収入(Googleアドセンスやアフェリエイト広告)で収益化できます。

アフェリエイターとは、自分の書きたいことを自由に書くというよりかは、何か1つの分野に関して網羅的に書くサイトを作ります。

例えば、転職系や、美容系、保険系などの専門的な情報をサイト内に書いていく感じです。

ここでの主な収益源は、ASPのアフィリエイト広告で、アフィリエイターが紹介した、商品やサービスを、読者が購入したり、サービスを受けたりすると、その成果報酬として、アフィリエイターにお金が入る感じです。

YouTuber

自分の得意なことや、趣味、日常などを動画にして、YouTubeにアップします。

必要であれば、動画編集ソフトを使って動画にテロップを入れたり、インスタグラムで投稿されているような、オシャレな動画にしたりします。

基本的には、広告収入で稼ぐ形になります。

ただ、YouTubeで収益化するには、チャンネル登録者数が1000人で、12カ月での総再生回数が4000時間に達しないと、YouTubeからお金がもらえないので、頑張って動画を投稿し続けなければなりません。

※詳しくはこちらから

YouTube Partner Program overview & eligibility - YouTube Help
Update November 2020: The FAQ section has been expanded. We’ve also provided context around why you may see ads on videos from channels that aren’t in the YouTu...

イラストレーター

イラストレーターはさまざまなイラストを描く仕事です。

ゲームや本のキャラクターだったり、広告やポスター、チラシや雑誌などあらゆる分野でイラストを描きます。

仕事は、クラウドワークスやランサーズ、ココナラなどから案件をもらい、仕事を進めていくのが多いかもしれません。

カメラマン

結婚式や、スタジオなど、ブライダル系の撮影をしたり、企業の広告用の撮影や、出版社から依頼を受けて撮影をしたりします。

動画制作・動画編集

ここでは、YouTubeの動画制作や、動画編集の仕事を紹介します。

今や、YouTubeに参入する人が多くなってきました。

そのため、動画制作や動画編集を外注するYouTuberが多いのも現状です。

動画制作のスキルがあれば、仕事をもらえる可能性が広がるので、これからさらに伸びていく業種だと思います。

なぜ、これら8選は熱いのか?

今や、会社に属さずとも、個人で稼げる時代になりました。

稼いでいる人たちに共通しているのは、専門的な知識とスキルを持っているということです。

上記に上げた仕事は、どれも専門的な知識が必要で、それなりのスキルが必要になります。

ですが、その知識をつけ、スキルを習得できれば、誰でも稼げることはできると思います。

駆け出しのフリーランスは、どこで仕事をもらえばいい?

 

クラウドワークス

ヤフーと提携している、日本最大級のクラウドソーシングです。

※ここで言うクラウドソーシングとは、不特定多数の人に業務を委託する雇用形態のこと。

ここでは、企業と個人がオンラインで直接つながり、仕事を受注、発注することができます。

フリーランスなら、ここから、自分のスキルを活かし、企業から仕事を受注することができるので、フリーランスを始めたばかりの初心者でも、仕事をもらうことができます。

受注したい方 - 在宅ワーク・副業の仕事が見つかる【クラウドワークス】
クラウドワークスは時間と場所を選ばず、自宅にいながらにしてインターネットでお仕事を受注できるサービスです。独立・フリーランスから副業、在宅ワーク、内職まで。あなたのライフスタイルに合わせた、理想の働き方をサポートします。

ランサーズ

こちらもクラウドワークスと同じで、国内初のクラウドソーシングサービスです。

ただ、クラウドワークスよりも、案件数が多く、特に、デザイン制作、ライティング、web制作やwebデザインの案件が多いのが特徴です。

ランサーズ [Lancers] - 仕事をフリーランスに発注できるクラウドソーシング
クラウドソーシング「ランサーズ」は、実績とスキルのあるフリーランスに仕事を発注できる仕事依頼サイトです。ロゴ作成、会社のネーミング、システム開発、ホームページ制作、タスク・作業など、全148種類の仕事ができます。 専門業者と比較するとクラウドソーシングは個人とのやりとりのため、ローコストかつハイスピードで仕事ができます...

 

Twitterやインスタグラム

これは、ある程度のフォロワー数が必要で、すでに、実績がある人が仕事をもらいやすいです。

なので、先に、実績やフォロワーをある程度付けてから、挑戦していくのがいいかもです。

ココナラ

ココナラは、自分の知識やスキル、経験を売り買いできるフリーマーケットです。

上記で上げた仕事は、ほぼ全てココナラから売り買いできるので、クラウドワークスやランサーズもよりつつ、ココナラからの収入源を作るのも1つの手です。

はじめての方へ(ココナラとは) | ココナラ
はじめての方向けココナラ初心者ガイドページです。知識・スキル・経験など、みんなの得意をサービスとして出品・購入できる日本最大級のスキルマーケット。仕事依頼の制約...

ブログサイトやYouTubeチャンネルに直接オファーがくることも

すでにブログサイトを運営している人は、場合によって、企業から直接案件をもらうこともできます。

例えば、ガジェット系のブログを運営していて、さまざまなガジェットのレビュー記事を書いていたりした場合、企業から「うちの商品もぜひ紹介してください」などと、直接オファーをもらえたりする場合があります。

ブログサイトやYouTubeチャンネルをもつことで、そこから新たな仕事に繋がる可能性があるので、もっていたほうがいいです。

まとめ

いかがでしたか?

フリーランスはさまざまな仕事があり、自分の好きやスキルがあれば、誰でも稼ぐことはできます。

自分の強みはなんなのか?改めて見つめなおし、会社に属さない働き方で、自由に生きていくのもいいかもしれませんよ。

 

コメント

  1. […] […]

タイトルとURLをコピーしました